乳酸菌がうつ病や自律神経失調症の改善におすすめな理由

乳酸菌は便秘解消やアレルギー症状の緩和などに効果があることは有名ですがそれだけではありません。乳酸菌で腸内環境を改善するとうつ病や自立神経失調症にも効果があるのです。ここでは乳酸菌がうつ病や自律神経失調症の改善に効く理由を紹介します。

【うつ病や自律神経失調症になってしまう理由】
うつ病や自律神経失調症が起こる原因は脳内にあるセロトニンと呼ばれる物質が不足するためです。セロトニンは脳内物質であり、快感、快楽、幸福などを感じるために欠かせない物質であり、セロトニンが不足することで幸福感を得られなくなり、気持ちが沈み精神状態が不安定になります。その状態が継続してしまうとうつ病や自律神経失調症を発症してしまうのです。
nyusankin3
【乳酸菌はなぜうつ病や自律神経失調症に効果があるの?】
先ほどうつ病や自律神経失調症になる原因の1つがセロトニン不足とお話ししました。乳酸菌にはこのセロトニンを増やす働きがあるのです。不足してしまったセロトニンを乳酸菌の力で増やすことによってうつ病や自律神経失調症の症状を緩和できるでしょう。

【セロトニンは腸内で生成される?!】
セロトニンは体内で生成される脳内物質ですが、生成される場所は脳ではなく、腸内になります。そこでセロトニン生成には腸内環境の改善が非常に重要になってくるのです。セロトニンを増やすためにはトリプトファンと呼ばれる成分が必要になります。しかしいくらトリプトファンを積極的に摂取しても、生成する腸内環境が悪化していると意味がありません。セロトニンは腸内で生成されますが2%が脳に送られ、残りの90%は腸内に残り腸内での活動をサポートしてくれます。しかし悪玉菌が多く腸内環境が悪化している状態だと、セロトニンが90%では足りなくなってしまい、脳に送るはずのセロトニンまで使用してしまうことも。すると脳ではセロトニン不足が引き起こされてしまうのです。脳に十分なセロトニンを供給するためには乳酸菌を摂取して腸内環境を改善してあげるのがよいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です