乳酸菌がダイエットに効果的な理由

乳酸菌は便秘やうつ病、花粉症など様々な病気に効果的です。さらに乳酸菌はダイエットにも欠かせない存在なのです。ここでは乳酸菌がダイエットに効果的な理由について説明しましょう。
nyusankin5
【便秘はダイエットの大敵】
便秘は腸に不必要な老廃物が溜まった状態であり、腸内に悪玉菌が増殖しやすくなります。また腸内に余った脂肪を再吸収してしまうこともあり、新陳代謝、基礎代謝は低下してしまいます。基礎代謝が低下するとエネルギー燃焼効率が悪くなるので脂肪をため込みやすくしてしまうでしょう。脂肪が体内に蓄積すると肥満の原因にもなりますので、便秘はダイエットをする上で大敵と言えるでしょう。

【腸内環境を改善すると新陳代謝、基礎代謝がアップする】
ダイエットを成功させるための方法はいくつかありますが、バランスのとれた規則正しい食事と腸内環境の改善は非常に重要なポイントになります。腸内環境を改善して、善玉菌を増やし悪玉菌を減少させることで排便をスムーズに行います。すると新陳代謝、基礎代謝が向上し、エネルギー効率もアップします。基礎代謝があがると食べてもすぐにエネルギーとして燃焼してくれるので痩せやすく、太りにくい体質へと導いてくれるのです。
ダイエットを成功させる上でまずは基礎代謝を上げることが重要です。そのためには乳酸菌などの善玉菌を増やし腸内環境から改善していく必要があるでしょう。

【乳酸菌には脂肪分を分解する作用もある】
乳酸菌は腸内環境を改善して基礎代謝を向上させるだけではありません。乳酸菌には脂肪分を分解する作用もあるので積極的に摂取することでダイエットにつながるでしょう。直接脂肪を分解することができる乳酸菌はラクトバチルスと呼ばれています。このラクトバチルスは大腸ではなく、小腸に棲息する乳酸菌であり、体脂肪を減らす働きがある共役リノール酸を生成することができます。またメタボリックシンドロームなどの皮下脂肪や内臓脂肪を減少させる効果もあることから、隠れ肥満にも有効ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です