乳酸菌が花粉症に効く理由とその乳酸菌

  • 100x100
  • 100x100
  • 100x100
  • 100x100

乳酸菌は身体の不調を改善してくれる頼もしい存在。特に花粉症改善効果は高く、花粉症に悩める人は積極的に乳酸菌を摂取している人も多いです。今回は乳酸菌が花粉症に効く理由と、花粉症に効果のある乳酸菌の種類について説明していきましょう。

【花粉症はなぜ起こる?!】
nyusankin4
まずは花粉症の原因とメカニズムについて考えてみましょう。花粉症は私達人間が持つ免疫機能が過剰に反応することによって起こります。体内にウイルスなど外部から敵が侵入してくると、白血球内にあるリンパ球に存在している免疫細胞が敵を撃退しようとします。この時に同じ敵が再び入ってきた時のための備えとして抗体を生成します。この抗体はIgE抗体と呼ばれており、花粉が体内に入った時に敵と見なし、花粉に対するIgE抗体を過剰に生成してしまいます。この花粉に対するIgE抗体が体内でたくさん蓄積され、ある水準を超えた時に一気に花粉症の症状を発症してしまうのです。

【なぜ乳酸菌は花粉症症状を改善できるの?】
ではなぜ乳酸菌が花粉症に効果があるのか?ということですが、乳酸菌の中には花粉症に対するIgE抗体の生成を抑える働きがあるものがあります。また免疫細胞でアレルギー反応を抑える効果のあるTh1細胞の働きを強めることもできるので花粉症の症状が改善します。ただし全ての乳酸菌が花粉症に効くというわけではありませんので、花粉症症状を改善できる乳酸菌の種類を覚えておくとよいでしょう。

【花粉症症状を改善できる乳酸菌の種類は??】
花粉症に効果がある乳酸菌として有名なのはフェカリス菌、KW乳酸菌、L-92乳酸菌などです。それぞれ説明していきましょう。
<フェカリス菌>
フェカリス菌は新型乳酸菌の1つであり、死滅した状態で摂取しても高い効果が発揮されます。
<KW乳酸菌>
KW乳酸菌はIgE抗体生成を抑制し、Th2細胞とTh1細胞のバランスを改善する効果があります。それぞれ乳酸菌の種類によって花粉症症状に効くメカニズムは異なります。
<L-92乳酸菌>

L-92乳酸菌はアレルギー反応を促す免疫細胞の1つであるTh2細胞の活性化を阻害する働きがあります。

  • 100x100
  • 100x100
  • 100x100
  • 100x100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です