乳酸菌がダイエットに効果的な理由

乳酸菌は便秘やうつ病、花粉症など様々な病気に効果的です。さらに乳酸菌はダイエットにも欠かせない存在なのです。ここでは乳酸菌がダイエットに効果的な理由について説明しましょう。
nyusankin5
【便秘はダイエットの大敵】
便秘は腸に不必要な老廃物が溜まった状態であり、腸内に悪玉菌が増殖しやすくなります。また腸内に余った脂肪を再吸収してしまうこともあり、新陳代謝、基礎代謝は低下してしまいます。基礎代謝が低下するとエネルギー燃焼効率が悪くなるので脂肪をため込みやすくしてしまうでしょう。脂肪が体内に蓄積すると肥満の原因にもなりますので、便秘はダイエットをする上で大敵と言えるでしょう。

【腸内環境を改善すると新陳代謝、基礎代謝がアップする】
ダイエットを成功させるための方法はいくつかありますが、バランスのとれた規則正しい食事と腸内環境の改善は非常に重要なポイントになります。腸内環境を改善して、善玉菌を増やし悪玉菌を減少させることで排便をスムーズに行います。すると新陳代謝、基礎代謝が向上し、エネルギー効率もアップします。基礎代謝があがると食べてもすぐにエネルギーとして燃焼してくれるので痩せやすく、太りにくい体質へと導いてくれるのです。
ダイエットを成功させる上でまずは基礎代謝を上げることが重要です。そのためには乳酸菌などの善玉菌を増やし腸内環境から改善していく必要があるでしょう。

【乳酸菌には脂肪分を分解する作用もある】
乳酸菌は腸内環境を改善して基礎代謝を向上させるだけではありません。乳酸菌には脂肪分を分解する作用もあるので積極的に摂取することでダイエットにつながるでしょう。直接脂肪を分解することができる乳酸菌はラクトバチルスと呼ばれています。このラクトバチルスは大腸ではなく、小腸に棲息する乳酸菌であり、体脂肪を減らす働きがある共役リノール酸を生成することができます。またメタボリックシンドロームなどの皮下脂肪や内臓脂肪を減少させる効果もあることから、隠れ肥満にも有効ですよ。

乳酸菌が花粉症に効く理由とその乳酸菌

  • 100x100
  • 100x100
  • 100x100
  • 100x100

乳酸菌は身体の不調を改善してくれる頼もしい存在。特に花粉症改善効果は高く、花粉症に悩める人は積極的に乳酸菌を摂取している人も多いです。今回は乳酸菌が花粉症に効く理由と、花粉症に効果のある乳酸菌の種類について説明していきましょう。

【花粉症はなぜ起こる?!】
nyusankin4
まずは花粉症の原因とメカニズムについて考えてみましょう。花粉症は私達人間が持つ免疫機能が過剰に反応することによって起こります。体内にウイルスなど外部から敵が侵入してくると、白血球内にあるリンパ球に存在している免疫細胞が敵を撃退しようとします。この時に同じ敵が再び入ってきた時のための備えとして抗体を生成します。この抗体はIgE抗体と呼ばれており、花粉が体内に入った時に敵と見なし、花粉に対するIgE抗体を過剰に生成してしまいます。この花粉に対するIgE抗体が体内でたくさん蓄積され、ある水準を超えた時に一気に花粉症の症状を発症してしまうのです。

【なぜ乳酸菌は花粉症症状を改善できるの?】
ではなぜ乳酸菌が花粉症に効果があるのか?ということですが、乳酸菌の中には花粉症に対するIgE抗体の生成を抑える働きがあるものがあります。また免疫細胞でアレルギー反応を抑える効果のあるTh1細胞の働きを強めることもできるので花粉症の症状が改善します。ただし全ての乳酸菌が花粉症に効くというわけではありませんので、花粉症症状を改善できる乳酸菌の種類を覚えておくとよいでしょう。

【花粉症症状を改善できる乳酸菌の種類は??】
花粉症に効果がある乳酸菌として有名なのはフェカリス菌、KW乳酸菌、L-92乳酸菌などです。それぞれ説明していきましょう。
<フェカリス菌>
フェカリス菌は新型乳酸菌の1つであり、死滅した状態で摂取しても高い効果が発揮されます。
<KW乳酸菌>
KW乳酸菌はIgE抗体生成を抑制し、Th2細胞とTh1細胞のバランスを改善する効果があります。それぞれ乳酸菌の種類によって花粉症症状に効くメカニズムは異なります。
<L-92乳酸菌>

L-92乳酸菌はアレルギー反応を促す免疫細胞の1つであるTh2細胞の活性化を阻害する働きがあります。

  • 100x100
  • 100x100
  • 100x100
  • 100x100

乳酸菌がうつ病や自律神経失調症の改善におすすめな理由

乳酸菌は便秘解消やアレルギー症状の緩和などに効果があることは有名ですがそれだけではありません。乳酸菌で腸内環境を改善するとうつ病や自立神経失調症にも効果があるのです。ここでは乳酸菌がうつ病や自律神経失調症の改善に効く理由を紹介します。

【うつ病や自律神経失調症になってしまう理由】
うつ病や自律神経失調症が起こる原因は脳内にあるセロトニンと呼ばれる物質が不足するためです。セロトニンは脳内物質であり、快感、快楽、幸福などを感じるために欠かせない物質であり、セロトニンが不足することで幸福感を得られなくなり、気持ちが沈み精神状態が不安定になります。その状態が継続してしまうとうつ病や自律神経失調症を発症してしまうのです。
nyusankin3
【乳酸菌はなぜうつ病や自律神経失調症に効果があるの?】
先ほどうつ病や自律神経失調症になる原因の1つがセロトニン不足とお話ししました。乳酸菌にはこのセロトニンを増やす働きがあるのです。不足してしまったセロトニンを乳酸菌の力で増やすことによってうつ病や自律神経失調症の症状を緩和できるでしょう。

【セロトニンは腸内で生成される?!】
セロトニンは体内で生成される脳内物質ですが、生成される場所は脳ではなく、腸内になります。そこでセロトニン生成には腸内環境の改善が非常に重要になってくるのです。セロトニンを増やすためにはトリプトファンと呼ばれる成分が必要になります。しかしいくらトリプトファンを積極的に摂取しても、生成する腸内環境が悪化していると意味がありません。セロトニンは腸内で生成されますが2%が脳に送られ、残りの90%は腸内に残り腸内での活動をサポートしてくれます。しかし悪玉菌が多く腸内環境が悪化している状態だと、セロトニンが90%では足りなくなってしまい、脳に送るはずのセロトニンまで使用してしまうことも。すると脳ではセロトニン不足が引き起こされてしまうのです。脳に十分なセロトニンを供給するためには乳酸菌を摂取して腸内環境を改善してあげるのがよいのです。

乳酸菌が便秘に効く理由とおすすめの乳酸菌

乳酸菌=お腹の調子がよくなるというイメージを持っている人は多いでしょう。今回は乳酸菌が便秘に効く理由とどういった乳酸菌を摂取すればよいのかを紹介していきます。

【なぜ便秘になるの?】
まずは便秘になるメカニズムについて説明します。大腸では小腸から送られてきた消化物を受け取った後、ぜん動運動によって大腸内を移動させます。移動している途中で水分を吸収して便を作り、直腸の方へ送って体外に便を排出します。腸内にいる腸内細菌が善玉菌優位の状態の場合には大腸のぜん動運動は積極的に行われ、スムーズに便が排出されます。しかし悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると、大腸のぜん動運動は低下し、便が腸の中に長くとどまってしまいます。腸の中に便が長くとどまってしまうと水分が吸収され過ぎてしまい固い状態に。固い便は排出しにくくなるので便秘という症状を引き起こしてしまうのです。

【なぜ乳酸菌は便秘に効果があるの?】
健康な人の腸内には100種類以上の腸内細菌が棲息しており、その数は100兆個にも及びます。乳酸菌はその中でも善玉菌に分類される耐によい作用をもたらす菌なのです。乳酸菌は腸内環境を酸性に保つことで悪玉菌の繁殖増加を抑制し、体外から侵入してくるウイルスなどに対しても撃退することができます。つまり乳酸菌をたくさん摂取すると腸内では善玉菌が増加し、悪玉菌が減少するので腸内環境が改善されます。すると便秘になりにくく、スムーズな排便ができるでしょう。

【便秘に効果的な乳酸菌の種類は?】
nyusankin2
乳酸菌と言ってもたくさんの種類が存在しますので便秘に効果的な乳酸菌を効率よく摂取するのがよいでしょう。便秘症状を改善する働きがある乳酸菌といえばL-55乳酸菌、LGG乳酸菌、LB81 乳酸菌があります。それぞれ詳しく説明しましょう。
<L-55乳酸菌>
L-55乳酸菌は2000年に見つかった新しい乳酸菌の1つです。便秘予防、便秘症状の改善だけでなく、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する働きもあります。
<LGG乳酸菌>
LGG乳酸菌は胆汁や胃酸に非常に強く過酷な環境下でも生き抜くことができます。そのため腸にまで生きた状態でしっかりと届けられるので便秘にも効果があります。腸内に長くとどまり、持続性が高いという特徴があるので腸内環境を改善するには最適の乳酸菌と言えるでしょう。
320x50
<LB81乳酸菌>
LB81乳酸菌は便秘予防、便秘解消、便秘による肌荒れを改善する働きがあります。